遺品整理優良企業見積りガイド 全国から最安値の遺品整理士を探します

無料一括見積もりのご依頼はこちら

0123-42-0528

営業時間 8:00~19:00 時間外の場合はこちら

遺品整理士認定協会が運営 遺品整理をもっと優しく 全国300以上の遺品整理業者から比較見積り

遺品整理の費用・相場

遺品整理にかかる費用は、定価がありません。
それは遺品整理をおこなう間取り(範囲)によって、必要な人員と作業時間が異なるからです。
ただし決まった費用がないとはいえ、目安となる相場帯はあります。

この相場から大きく外れる見積もりを出してくる遺品整理業者は割高ということができます。
また相場よりもお安く対応できる業者もおりますので、当サイトよりお問い合わせください。最大3社よりお見積りもお送りします。

遺品整理の相場の目安表

間取り 費用相場 作業人数 作業時間
1R・1K 税込33,000円~
税込88,000円
1~2名 1~3時間
1DK 税込55,000円~
税込132,000円
2~3名 2~4時間
1LDK 税込77,000円~
税込220,000円
2~4名 2~6時間
2DK 税込99,000円~
税込275,000円
2~5名 2~6時間
2LDK 税込132,000円~
税込330,000円
3~6名 3~8時間
3DK 税込165,000円~
税込440,000円
3~7名 4~10時間
3LDK 税込187,000円~
税込550,000円
4~8名 5~12時間
4LDK以上/
一軒家
税込242,000円~
税込660,000円
4~10名 6~15時間
遺品整理の費用相場について詳しく見る

こんな遺品整理のお悩みありませんか?

  • 遺品を片付ける
    時間がとれない
  • 遠方なので頻繁に
    片付けに通えない
  • 賃貸物件なので、
    今月中に整理して
    撤去する必要がある
  • 遺品で買取りができるものは
    買い取って欲しい
  • 故人が大切にしていた
    遺品なので、廃棄ではなく
    供養してあげたい
  • 土地の権利書や通帳など
    大切なものを捜し出してほしい

上記のようなお悩みはもちろん、このようなお悩みもご相談ください。

  • 遺品整理だけでなく、家(不動産)や車、仏壇などの買取や処分もしたい。
  • 孤独死してしまい発見が遅れたために、腐臭や血痕などの特殊な清掃が必要だ。

遺品整理サービスとは?
遺品整理業者が提供できること

遺品整理の基本サービス

遺品の仕分け

  • 貴重品や権利書の探索
  • 遺品の梱包
  • 搬出前の養生
  • 梱包した遺品の搬出

遺品の整理と買取

  • 貴重品(ブランド品、貴金属、着物など)の買取り
  • 架電や家具の買取り
  • 不用品の処分
  • 親族へ形見分けした遺品の送付

あと片付け

  • 清掃
  • 提携する寺院で遺品の供養

オプションサービス

  • 賃貸物件の解約手続きの代行
  • 車の買取
  • 不動産の売却/解体工事
  • リフォーム
  • 特殊清掃/脱臭作業
  • 生前整理、老前整理
  • 仏壇のクリーニング/処分

遺品整理業者にご依頼になった場合の流れ

  • 無料見積もり

    遺品整理業者3社から見積もりをお送りします。
    納得できる金額を提示した業者をお選びください。

  • 訪問・施工

    現地に遺品整理業者が訪問しますので、見積り内容を最終確認してください。
    確認いただけたのち、遺品整理を開始します。

  • 清掃

    遺品整理後のお部屋を清掃します。
    業者に持ち帰ってほしい遺品はそのままお渡しください。供養の必要なものは、供養いたします。

  • 清算

    買取りできるものがあった場合は、買取金額を差し引いて清算いたします。

遺品整理の事例

大阪府堺市 間取り:3LDK 税込198,000円

元々、ご兄弟が住んでおられた3LDKの一軒家で、お亡くなりになってしばらく空き家状態で放置していたそうですが、不動産の売買が決まり、家財品を撤去したいとのことでした。

大阪市平野区 間取り:3DK 税込165,000円

団地にお住まいだった親が亡くなったので、自分たちで少し片づけたそうですが、全然片付いてないので遺品整理をして欲しいとのことでした。

名古屋市東区 間取り:1K 税込66,000円

保険会社様からのご依頼で、お部屋で孤独死をされた方の遺品整理でした。8畳ワンルームで突然の出来事のようだったので生活感そのままの状態でしたが、仕分け作業をさせていただき、遺品整理後に特殊清掃もさせていただきました。

岐阜市 間取り:3LDK 税込347,600円

二世帯住宅の遺品整理を行いました。三階建てのお宅で1階全てと2階にある和室のみの遺品整理となりました。

群馬県 間取り:4LDK 税込418,000円

4LDKの戸建て+お庭回りの全撤去のご依頼でした。ご両親が亡くなり五年ぐらい空家になっていた状況でした。

北海道 間取り:2LDK 税込715,000円

九州にお住いのお姉様からのご依頼でした。函館に住む妹さんが病院でお亡くなりになられ、その妹さんが一人で暮らしていたお部屋の整理をご依頼されました。妹さんは闘病されていてお身体が不自由だったようで、お部屋の中は足の踏み場もない状態でした。

いい遺品整理業者の選び方

いい遺品整理業者を選ぶ3つのポイント

【1】遺品整理士認定協会の資格をもっている

遺品整理をサービスとして提供するのに資格は必要ありませんが、そのため遺品整理業者は玉石混交状態です。
中には遺品を不法投棄する悪徳な業者も存在しますので、遺品整理士認定協会から資格を付与された業者を選んでください。

【2】複数の遺品整理業者から見積もりをとる

遺品整理には定価がありません。それゆえ遺品整理業者のスケジュールにより、想像以上にお得に依頼することもできます。
また複数社から見積もりをもらうことで、悪徳な遺品整理業者に高額な料金を請求されるリスクを大幅に軽減できます。

【3】見積もり以降の追加料金をしっかり確認する

請求トラブルに巻き込まれないためにも見積もり金額以上の追加料金の有無や、追加料金が発生する場合に依頼者の同意を得た上で施工を行ってくれるかを確認してください。また見積もり内容に疑問がある場合は、見積もりの根拠をお尋ねください。

当サイトからご紹介する遺品整理業者は、全国に約7,000社ある遺品整理業者の中から、遺品整理士認定協会の資格を保有し、厳正な審査基準をクリアした約600社の【登録遺品整理業者】の中から3社をご紹介させていただきます。

もちろん遺品整理サービスとして、ご遺族の意向に沿うサービスを提供することは当然のことです。
それだけでなく、3社の相見積もりにより見積額を競合させ、利用者のみなさまにはよりお得な料金にて遺品整理をご依頼いだけます

おすすめの登録遺品整理業者一覧

屋号 アスエル
評点 ★★★★★
基本料金 1K、1R:税込39,600円~
1LDK:税込92,400円~
2LDK:税込145,200円~
3LDK:税込198,000円~
特徴 実績多数、口コミでも好評な親切で安心いただけるサービスをお届けします。
対応エリア 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
営業時間・
定休日
8:00~22:00・年中無休
クレジットカード 対応
屋号 グッドサービス
評点  
基本料金 1K、1R:税込37,620円~
1LDK:税込97,020円~
2LDK:税込156,420円~
3LDK:税込215,820円~
特徴 創業13年を迎えます愛知・岐阜・三重の地域密着サービスを展開しております。外注作業員の寄せ集めのようなことは一切なく、100%自社スタッフが作業にあたりお客様満足を一番にサービス展開しております。
対応エリア 岐阜県、愛知県、三重県(一部)
営業時間・
定休日
9:00~20:00・年末年始
クレジットカード 対応
屋号 遺品整理 桜サービス
評点 ★★★★★
基本料金 1K、1R:税込33,000円~
1LDK:税込77,000円~
2LDK:税込132,000円~
3LDK:税込187,000円~
特徴 当社は、ご依頼主様との出会いを大切に一つ一つ丁寧に対応させて頂きます。遺品整理は故人様を亡くされた悲しみの中、作業を行う事がほとんどですが、その中でもご依頼主様が「桜サービスに依頼して良かった」と多くの方に言って頂けるように、また片付け後にホッとした顔をして頂けるように努めて参ります。
対応エリア 埼玉県、千葉県、東京都
営業時間・
定休日
9:00~19:00・水曜、第一第二火曜
クレジットカード 対応
屋号 整想屋
評点 ★★★★★
基本料金 1K、1R:税込33,000円~
1LDK:税込77,000円~
2LDK:税込132,000円~
3LDK:税込198,000円~
特徴 ▼認定遺品整理士が対応
弊社ではプロの遺品整理士が、故人様の大切な遺品を真心込めて整理いたします。
▼ご遺品の仕分け
ひとつひとつ丁寧に、ご依頼主様の確認のもと仕分けいたします。
▼ご遺品の供養
ご遺品の中には、「自分たちは使わないけれど捨てられない」物も多くございます。弊社では地元寺院のご協力でお焚き上げによる供養も承っております。
対応エリア 広島県
営業時間・
定休日
8:00~20:00・年中無休
クレジットカード 対応

自分で遺品整理をする方法

ご自身で遺品整理をおこなう方のために、より効率的に進める方法をご紹介します。
遺品整理は大きく分けて3つのフェーズに分類することができます。

  • 遺品整理の準備

    遺品整理にあたって必要な道具をそろえます。
    また遺言書の有無も十分確認しましょう。

  • 遺品の仕分け

    膨大な遺品を、貴重品、買取できるもの、遺族で確認すべきもの、処分するものに仕分けします。

  • 遺品整理

    仕分けた分類に応じて、遺品をそれぞれ整理、処分していきます。

【1】自分で遺品整理を進める方法
~準備~

遺品整理に必要な装備

  • マスク
  • 作業着(汚れてもいい服)
  • 軍手
  • スリッパ

整理のための道具

  • 段ボール
  • ガムテープ
  • マジック
  • メモ、付せん
  • カッター
    ナイフ
  • ゴミ袋
  • ロープ
  • 軽トラや
    ミニバン

引越しの準備と似ていますが、まずは遺品整理の準備として上記のものをそろえます。

押し入れの中や物置きの中は思っている以上にほこりがたまっているものです。
また高齢者で一人暮らしをされていた場合は、掃除ができなかった箇所もありますので、動きやすくかつ汚れていもいい装備を整えてください

【ご注意!】遺言書が出てきた場合はどうしたらいい?

近年では終活が普及してきており、遺品整理をしていると遺言書が発見されることがあります。
もし遺言書が見つかった場合は、家族であっても勝手に開封することはできません。
遺言書は法的効力をもつ文書のため、最寄りの家庭裁判所で検認して開封してもらう必要があります。
また遺品の整理は遺言書に基づいておこなう必要があるため、遺言書が発見された場合はただちに遺品整理を中止してください。

【2】自分で遺品整理を進める方法
~遺品の仕分け~

貴重品に仕分けするもの

通帳、印鑑、現金、貴金属、クレジットカード、権利書、身分証明書、美術品、骨董品、ブランド品

買取品に仕分けするもの

家具、家電(購入から5年以内)、調理器具、衣類、古紙、古布、お酒、相続しないブランド品、相続しない美術品や骨とう品

遺族間で確認するもの

仏壇・仏具、デジタル遺品

処分するもの

燃えるゴミ、燃えないゴミ、粗大ごみなどの不用品※リサイクル家電、消火器、金庫などはゴミとして出せません。

それぞれの仕分けに応じて段ボールをわけつつ、梱包していきます。
その際マジックで色分けしたり付せんを使って、どの箱にどの分類のものが入っているかわかりやすく、梱包していきましょう。

【3】自分で遺品整理を進める方法
~それぞれの遺品の整理~

貴重品の整理

遺品の貴重品には遺族間で形見分けするものも含まれます。
自分だけの一存で進められない場合もありますので、じっくり整理していくようにしましょう。
また身分証や印鑑などは悪用されるおそれもあるので、一般ゴミとして処分するのではなく適切な処分をしましょう。

買取りに出すものの整理

遺品整理業者や買取サービスが買い取れるものは、幅広くあります。
特に高値で買取できるものは、ブランド品や有名作家の着物をはじめ、ゴルフ用品や切手、お酒やホビー用品など、ちょっと意外なものまで買取ってもらうことができます。

遺族間で確認するもの

遺品には処分に戸惑うものも含まれています。
特に仏壇・仏具や故人の思い出の詰まった写真などは廃棄するのではなくしっかりと供養することが大切です。
また近年では故人が使っていたデジタル遺品も遺族間で確認するべきことが多くなっています。

処分するもの

自身で遺品整理をおこなう際、もっとも苦労するのがこの不要な遺品の処分です。
通常の不用品なら一般ゴミとして出せるものもありますが、リサイクル家電や家具などの粗大ゴミには処分にも費用がかかります。

遺品整理士になりたい方へ

遺品整理業は今後のますます高齢者の単身化が進むなかで、より一層の需要が見込まれる業界です。
高齢者の単身世帯はここ20年で2倍以上の急増ペースで増加しています。
こうした単身世帯に住む高齢者がお亡くなりになったとき、山のような遺品を前に遺品整理士が必要になります。

ただし遺品整理士は単なる不用品回収業者ではありません。
故人の思い出や遺族のお気持ちの整理をお手伝いするのが本分です。

今後の遺品整理業界のさらなる健全化と価値創出にご賛同いただける方は、ぜひ遺品整理士への道を歩んでください

遺品整理士の資格について

遺品整理業は資格がなくても始められますが、それゆえに高額請求や不法投棄をおこなう一部の悪徳業者がいることも確かです。
そうした遺品整理業界の健全化と悪徳業者との差別化のために、遺品整理士認定協会が認定資格をご用意しております。
遺品整理士養成講座を受講後、認定試験を実施し、合格した方に認定資格を付与します。
また遺品整理士と同時に協会では遺品の買取査定をおこなう遺品査定士の養成講座も用意しておりますので、あわせてご検討ください。

遺品整理士について詳しく見る

遺品整理に関するよくあるご質問

  • 土日や祝日でも見積もりや遺品整理に対応していますか?

    土日祝でも対応いたします。またお問い合わせは24時間対応しておりますので、早朝・深夜でもご連絡ください。

  • 遺品整理はどれくらいの時間がかかりますか?

    遺品整理をさせていただく間取りによりますが、おおむね3~7時間の即日中に完了いたします。

  • 遺品整理には立ち会う必要がありますか?

    ご依頼者様に立ち会いいただく必要がございます。
    もし立ち合いが困難な場合は遺品整理業者にご相談ください。

  • 見積もり料金から追加料金が発生することはありますか?

    原則お見積り以上の金額が発生することはありません。また万が一、特殊な作業が必要となり追加費用が発生する場合はご依頼者さまに確認の上、同意をいただいてから施工いたします。

  • 女性のスタッフに来ていただくことはできますか?

    女性スタッフを現地に向かわせますので、その旨を受付時にお伝えください。

新着記事

無料一括見積もりのご依頼はこちら
0123-42-0528